スチョーピンアレクサンドル

ロシアのバレエ学校には、バレエの演技法の専門クラスがあります。
ワガノワ名称バレエアカデミーよりA・スチョーピン先生をお招きして「アクチョール」(演技法)ワークショップを開催いたします。


期日 2018年8月10日(金)〜12日(日)
場所 新宿スタジオ
講師 スチョーピン・アレクサンドル(ロシア・ワガノワ名称バレエアカデミー)
通訳 長田聖良
ピアニスト 野村陽子 川口春霞 ウサギ舍

講師紹介

スチョーピン・アレクサンドル

スチョーピン・アレクサンドル(アクチョール)

(ワガノワ名称ロシアバレエアカデミー助教授)
ワガノワ名称レニングラード舞踊学校(現ロシアバレエアカデミー)卒業(カブラン師事)。アクチョール(演技指導)はシムイロバの指導を仰ぐ。卒業後、ヤコブソン舞踊小劇場でソリストとして数多くの演目に出演。2001年マリインスキー劇場のため、《クロップ(南京虫)》を復活上演。ロシアバレエアカデミー教師課程を終了し、現在ロシアバレアカデミーにてアクチョール部門主任教師。門下生にはドゥムチェンコ、ザハーロワ、コルサコフ、ポポフなどがいる。

スチョーピン・アレクサンドル

  • スチョーピン・アレクサンドル
  • スチョーピン・アレクサンドル
  • スチョーピン・アレクサンドル
  • スチョーピン・アレクサンドル
  • スチョーピン・アレクサンドル
  • スチョーピン・アレクサンドル

クラス編成

<キッズクラス>
笑顔で踊れてますか?また、びっくりしたり、どきどきしたり、悲しかったり…、舞台では様々な場面がありますね。生き生きとした舞台表現は、発表会やコンクールでは必須事項です。とびきり面白い先生と一緒に、まず、やってみましょう。

<基礎エクササイズ>
バレエにおける演技を「薄っぺら」「形だけ」にしないためには…? また、ほんとうに観客に伝わるドラマチックな身体の使い方とは? バレエ未経験、バレエ初級の方の受講もOK!

<作品クラス>
古典作品と、アクチョール作品のクラス。「どのように学び、教えるか」ワガノワ バレエ学校で実際に行われているクラスです。生徒、ダンサーの
皆さんだけでなく、教師の方、是非ご参加下さい。作品は、ラ・シルフィードを予定。また個性的なアクチョール作品も紹介致します。

タイムテーブル

11:15〜12:45 キッズクラス
13:05〜14:35 基礎クラス
14:50〜16:10 作品クラス
(以上3日間共通、1クラス1日だけの受講も可)

受講資格

・キッズクラス…小学生
・基礎エクササイズクラス…中学生以上で舞台の身体表現に興味のある方はどなたでも。バレエやダンス未経験の方もOK。
・作品クラス…バレエを学ぶ中学生以上の方(成人可)、ダンサーの方、バレエ教師の方
※小学生の基礎、作品クラス受講…ご相談下さい。
※中高校生のキッズクラス受講…ご相談下さい。
※作品クラスを受ける方は原則として基礎エクササイズクラスもご受講下さい。
 ただし、過去に本ワークショップに参加経験のある方は、この限りではありません。

主催/お問い合わせ

ウサギ舎
TEL 09010401504
お気軽にお問い合わせ下さい

バレエにおける「演技」「マイム」「表現」
見よう見まねでなく、きちんと学んでみませんか?



アクチョール(演技法)
ワークショップ